ブログ

最高のプロフィール作り方。自分の価値を見つけてやりたいことを広めていこう。

「はじめてらす」とは

 

「はじめてらす」に関わっていると初めましての人と会う機会が本当に多くなります。

日常生活では会うことのないようなタイプの人にたくさん会えるので、刺激をもらうことができます。

そして、やりたいことをどんどん形にしていっている人がどんどん「はじめてらす」から生まれています。

 

そんなやりたいことを形に変えていくのが「はじめてらす」

はじめてらす とは?

 

ぜろてらす

ちなみに やりたいことが見つからないひとには 「ぜろてらす」

しごとてらす

やりたいことを収益化したい人に「しごとてらす」

 

という講座も新しく始まっています。

 

最高のプロフィールとは

 

新しくビジネスを始める時に、一番悩むのが「プロフィール作り」ではないでしょうか?

  • 名前と自分のやっていること以外に何を書けばいいんだろう・・・
  • 今いちパッとしなくて、平凡なんだよな・・・
  • 見てくれる人に印象に残るプロフィールを書いてみたい

という方には必見の今回の講義です。

一般的によくあるプロフィールって大体、

  • 名前
  • 年齢
  • やっていること
  • 趣味

よろしくお願いします!

 

くらいなもんではないですか?

 

そこで"最高のプロフィール"の出番です。

"最高のプロフィール"があるとこんないいことがあります。

  • 初めましての人にも自分のことをより知ってもらえるようになる。
  • 他の人と区別をつけることで、SNSで目に留まりやすくなり価値のあるものになる。
  • 自分のやりたいことを理解してもらえるようになる。

どうですか?

作って損はない、いや 作って得しかない"最高のプロフィール"

早速作ってみませんか?

 

最高のプロフィールの作り方

 

とは言っても最初から完璧な最高のプロフィールができるわけではありません。

まずやることは

  • 過去
  • 現在
  • 未来

を具体的に書き出してみます。

この時に"数字"を入れるとより伝わりやすくなります。

  • 数回→10回
  • 数か月→半年

などです。

"その経験があるからあなたがある"

世界の偉人たちの過去はほとんどが辛い過去をばねにして成功しています。

その過去が辛いものであるほど、現在とのギャップで人に感動や勇気を与えることができます。

過去の自分

自分の過去の辛かったことや嫌だった経験は誰にでもあると思います。

中には思い出したくもないこともあるからもしれません。

しかし、その経験を思い出して書き出すことが最高のプロフィールへの第一歩です。

 

過去の経験はあなただけのものです。

その経験こそが他の人にはない価値となります。

 

過去のはじめてらすの受講生の過去は予想以上に壮絶なものもありましたが、みんな今はキラキラした顔で輝いていますよ。

 

現在の自分

考えてみてください。

今あなたがやりたいこと、やっていることはさっき書き出した過去の経験から来ていませんか?

  • 障害があるから同じ障害をもっている人のために役立ちたい。
  • 子どものころいじめられていたから、子どもの気持ちの分かる先生としてがんばっている。
  • 喋るのが得意ではないから、文章で人に価値のある情報を与えている。

などなど・・・

 

ちなみに、今やっていることで人から言われたことや実績などの具体的エピソードがあるとより伝わりやすくなりますよ。

 

未来の自分

 

現在やっていることを発展させて今後やっていきたいことを書き出しましょう。

  • 今後はこうなっていきたい。
  • こんな人とこんなことをしてみたい。
  • もっともっと今やっていることを進化させていきたい。

とにかく何でも書き出して口にしてみると、不思議とその関係の人とつながることができます。

なので、最高のプロフィールを作ったらどんどんアウトプットして周りに広めていきましょう!

おまけ

ブログを読んでくださっている方だけへのおまけです。

「最高のプロフィール」作成を作るに当たってのひな形です。

参考にしてください。

  1. 私の紹介をします。これは(誰々)に伝えたいです。
  2. 私は(過去の経験)がありました。
  3. それにより(現在)が他の人にはない良さがあります。
  4. なぜ3.が良さかと言うと(理由)だからです。
  5. さらに私がなぜこれを伝えたかというと、(未来)といった背景があるからです。

だから私は私です。

 

はじめてらす とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

検索

最新記事