ブログ

パブリックスピーキングで伝えたい人に伝わる講座

11/25 はじめてらす 2期生 4回目の講義が行われました。

ちなみに 11/25は

  • ハイビジョンの日(1125は走査線数なので)
  • OLの日(「OL」という言葉が初めて『女性自身』11月25日号に載ったから)

かなり苦しい語呂合わせの日ではなかったです。

 

 

「はじめてらす」についてもっと知りたい方はこちら!

はじめてらすHP

 

そんな日に行われたはじめてらすの講義は、前回の宿題の振り返り&発表から。

前回の宿題とは「自分の周りにいる人に、自分の価値を聞いてくること」

 

みんなに共通していたのは、「自分の思っていた価値と人が感じている価値は違っていた」

自分では気が付かない価値を、周りの人は見てくれているのです。

 

恥ずかしがらずに人から言われた価値を輝かせるようにしてみてください。

さて!

本日の本題は現役小学校教師であり、年間100本の講演をこなすスピーチのプロである二宮司によるスピーキング講座です。

スピーキング講座

あなたは仕事でスピーチを使っていますか?

あなたは今後仕事でスピーチを使うことがありますか?

なんか自分の言ってることが相手に伝わってない気がしていませんか?

 

心当たりのあるあなた!

この講義は必聴です!

 

聴けなかったあなたはこのブログ必読です!

読み終わったらあなたの話はきっと伝わります。

 


話が伝わらない人の特徴

 

まず大前提として基本人は・・・

自分にしか興味がない!

たとえば集合写真なんかでは、まず自分の顔を一番に探しているでしょう?

それだけ人は“自分大好き”なんです。

自分>>>>>相手という状態の中で話を伝えるのは優しいことではありません。

 

ただでさえ難しいのに・・・話が伝わらない人の特徴として

  • 話が長い
  • 伝えたいことが決まっていない
  • 自分が伝わらないと思うと言葉を付け加えて、補おうとする
  • 一つの話に複数のテーマを喋ろうとしてしまう
  • 圧倒的練習不足

 

学生時代の朝礼を思い返すと、校長の話は全然面白くなかったですよね。

立ちっぱなしで興味がないうえに話題があちこちに飛ぶ話を延々長々と聞かされるのは拷問ですよ。

 

こんな風に興味のない話を長々とされても聞き手は不快な思いをするだけです。

 

極端に言うと話し手はう〇こを次々と聞き手に向かってなげているのと同じです。

(ちなみに二宮司の講義ではう〇こがよく登場します)

動物園のチンパンジーだって、そんな長々とう〇こは投げないですよ。

そんな状況であなたの言ってることを受け取ると思いますか?

話が伝わらない人は今相手にう〇こを投げているんだと思ってください。


話す、コミュニケーションをとる

 

相手に自分の話したいことを伝え分かってもらうにはこの2つが必須なんだそうです。

 

相手にプレゼントを渡すこと

あなたのプレゼント(伝えたい話)を相手にうまく渡すには以下のことが必要です。

  • 自分の思いをもつ (これを伝えて相手にどうなってほしいのか)
  • プレゼントを選ぶ(相手のことを考えて「どんな話をしようか?)と考える)
  • 渡し方を考える (内容構成 時間配分)
  • 渡し方の練習(何度も練習)
  • 本番

 

「 プレゼントを選ぶ」選び方は

1.相手のレベルに合わせる

  •   相手との関係性(初対面なのか結構仲がいいのか)
  •   相手の受け取れるレベル(年齢や考え方など)

2.相手の興味に合わせる

  •   基本的に話を聞いていないので”馬の耳に念仏状態”を打破する必要がある

 

どれくらい話す人と聞く人に差があるのかワーク

 

ここでワークを一つ行います。

これはアナウンサーが実際にやっている訓練方法であり、話す人が伝えたいことが聞き手にはどれくらい伝わっていないかを実感できるワークです。

なぜなら話し手にはクリアな映像が見えていますが、聞き手には砂漠の砂嵐状態です。

 

  • 話し手が一枚の絵について2分間説明する
  • 聞き手はそれを聞いて絵に描く

これだけです。

 

実際に講義で行われた説明を載せてみるので、ひとつずつ説明されていると想像して絵を描いてみてください。

  • 人が5人登場する
  • 1人は子供でロバの上に乗っている
  • ロバを引き連れている髭のはやしたおじさん
  • 2人の女性がロバに乗っている少年を見ている
  • 1人の女性は指をさして不安そうな顔をしている
  • もう一人は口に手を当ててにこやかにしている
  • 手前のおじさんが不安そうに見ている
  • 木が3本 遠くに山が見える
  • 晴れた空に雲が2つある
  • 少年は少し怖がっている
  • 不安な顔の女性は手にカバンを持っている

 

2分間でこれだけの情報が出てきました。

これでどんな絵が描けましたか?

正解はこちら!

説明するから絵を描いてくれと指示してもイメージは正確に伝わらないのが分かりましたか?

 

だからさらに絵の思い浮かべられない一般的な会話も伝わらないのは当然のことだと思ってください。

自分の思い描いていること相手に伝わらなくて相手を非難するのは間違っています。

 

う〇こではない相手の欲しがるプレゼントを渡してあげてください。

相手をA地点からB地点につれていくこと

簡単に言えば相手を興味がないところから興味のあるところまで連れていくことです。

しかし、あなたが興味があるからといっても、さらに不快になる場所へ連れて行っては逆効果になってしまいます。

砂漠から富士の樹海へ連れて行ってはいけません。

先生だったら・・・「生徒にどうなってほしいか」という場所へ連れていく。
セールスだったら・・・「購入予定者を買いたいと思わせる」場所へ連れていく


自己紹介スピーチ構成シート

前回からの最高のプロフィールの練り直しの時間です。

 

そもそも自己紹介で相手にどうなってほしいのか?

今まで自己紹介でそんなことを考えたことがなかったので、目からうろこでした。

 

自己紹介で人を動かせる!

これはビジネスにも使えますね。

  • この商品をどうしたら買ってくれるのか 
  • 買ってくれた相手はどうなるのか

上手いセールスマンは自己紹介も上手なんでしょうね。

まずは話し方を考えてみましょう。


話し方を考える

 

話し方には大きく分けて2種類あります。

  • 説明的な話し方
  • 結論を先に言う
  • 報告 連絡 相談、物事を説明するときに使う
  • その答えを補うために様々なテクニックを加える
  • 物語的な話し方 
  • 結論は後で言う
  • 会話、講演 スピーチ等に使う
  • 感情を引き出すことができる
  • エンディングに向けて様々なテクニックを先出しすることができる

話の構成の基本形

話は3つの要素から成り立っています。

  • オープニング:話し手と聞き手の距離を縮める。この話は聞き手にとって関係ある話だと分かってもらう
  • ボディ:ジェットコースターのような上げ下げを作ると相手に届きやすい
  • エンディング:1番伝えたいことを改めて言う

この中で1番記憶に残りやすい順番は

  1. エンディング
  2. オープニング
  3. ボディ

なんですが、1番大切なところは

ボディ

なんですね!

話の構成

これは重要です!

これだけ知っとくだけでも伝わる話し方ができます!

1スピーチは1テーマで話す
そのスピーチを「一言で言うと○○」がすぐ言えるようにする

うまく喋る2大要素を入れる
具体的エピソード感動させる
 たとえ話   :共感させる

専門用語の使い方を工夫する
専門用語はメリットとデメリットがある
使うならあえて使うテクニックを見せる

 

【少し補足】

具体的エピソード≠過去の出来事

具体的エピソードとは・・

  • ○○があって感じた気持ち
  • △△な経験をした時の思い
  • ××な人と出会って考えたこと

テクニックとしては

  • その時の会話をそのまま表現する
  • その時の感情をそのまま伝える

口調を強めたり声を大きくしたり表情を大げさに変えたりして、聞き手も過去のその状況に引き込んでしまいましょう。

 

一方 過去の出来事とは・・

  • ○○があった
  • △△な経験をした
  • ××な人と会った

単なる起こった出来事ですね。

 

この2つは混同しやすいので注意しましょう。

 

専門用語の使い方

  • 自分のレベルを相手にわかるまで落とす
  • 小4にわかるように説明すると良い

話し手は当然専門用語の意味を知っているので、つい使いたがってしまいがちになります。

そこをぐっとこらえて小学4年生にわかるようにかみ砕いて説明してあげましょう。

 

あえて専門用語を使うなら、まず専門用語を言ってから説明するのは効果があります。

このテクニックのメリットは専門性を伝えられることです。

 

「パソコンを選ぶ際にはCPUが大切です。」

「CPUというのはですね・・・」

という感じです。

 

なんか”できる人”って思いませんか?

 


スピーチの練習

 

原稿を書いてスピーチの練習をしてみました。

自己紹介+パブリックスピーキング=価値のある自己紹介

ということでペアになって話し手を動画を撮りながら聴いて、終わったら動画を見ながらのフィードバックです。

 

自分の話してる姿を見るのってすごい嫌じゃないですか?

なんか気持ち悪いし、全然イメージ通りじゃないしできるなら(できなくても)そんなものは見たくないです。

 

しかし、

その気持ち悪い姿を聞き手にお届けしているんですよ!!

 

そう思ったらしっかり動画を見て反省して修正して気持ち悪くないところまで練習しましょう!

そして宿題は、原稿を書き直して動画と撮ってグループラインに流すことです。

自分の携帯で撮って以下のポイントに留意しながら何度も練習をする

  • 話し方はどうか?
  • 目線は?
  • スピードは?
  • 抑揚はついてますか?
  • 伝えたい人にとってわかりやすいか?
  • 初めて聞く人でも理解できる?

次回までにどれだけ変わっているか楽しみです!

最後にもう一度言いますが、う〇こを相手に投げないでください。

自分の興味があることでも相手にとっては無意味だったりします。

 

あくまで相手に伝わってこそのコミュニケーションなので、このブログを何回も読んで伝わる話し方を覚えてください。

そして、もっと理解したければはじめてらすの生講義までお越しください。

一回だけ講義を聴く聴講生制度もあります。

一回6000円です。

 

百聞は一見にしかず

ブログを読むのもいいですが、やはり生講義を聴いてみてください!

 

はじめてらす 次回は中島悟の「価値力講座2」

12/2 ごえんの広場です。

 

「はじめてらす」についてもっと知りたい方はこちら!

はじめてらすHP

うらてらす

恒例の講義終わりの親睦会「うらてらす」

毎回毎回講義では聞けなかった話や個人個人の深い話をじっくり話し合える貴重な場です。

今回は「我楽多文庫 車道店」です。

関連ランキング:居酒屋 | 車道駅千種駅新栄町駅

今回は個人のプライベートな内容なので公表できませんが、よく喋ってよく食べました!

すっかり写真を撮り忘れてしまったので、興味がある人はやっぱりはじめてらすに参加してくださいね。

 

【はじめてらす1DAY講座のお知らせ】

12/16(日)

10:00~12:00

ごえんの広場

 

今回ははじめてらすの説明だけではなく

    • ぜろてらす(やりたいことがわからない・やりたい事を見つけたい)
    • しごとてらす(やりたい事をネットを使って収益化させたい)

という新しい内容の説明も行います!

はじめてらす1day講座開始のお知らせ


FBページ
https://www.facebook.com/events/789216218109179/

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

検索

最新記事