ブログ

「習慣力」についてどんなイメージ?今日から出来る継続方法を紹介

7/1 第3回 「はじめてらす」 本講義が行われました。

今回は我らが二宮司が熱い想いをもって受講生に最も届けたいテーマの「習慣力」です!

 

そして今回は傍聴席に大学一年生の男子が2名来てくれました!

すごいですよね!

傍聴料は一回6000円と大学生にとっては決して安くはない値段であるのにわざわざ参加してくれたことに熱い思いを感じました。

 

【はじめてらすについての説明はこちら】

はじめてらす とは?

 

さて「習慣力」についてどんなイメージを持っていますか?

  • なんだか難しそう
  • コツがいるんじゃない?
  • 自分は飽きっぽいから無理・・・

と思われているかもしれませんが

 

実は習慣化はとっても簡単なんです!

 


前回の振り返り

まず前回の宿題の振り返りが行われました。

はじめてらす 1期生 本講義 2回目 「人間力×価値力」

【目次の ご縁とご円 からどうぞ!】

「自分を繋いでくれた人に感謝を表そう」

自分と大切な人を繋いでくれた人に改めて感謝を述べるこの宿題。

やってみたら

  • 最近連絡を取っていないので改めて感謝を伝えるのが恥ずかしかった。
  • どのように言えばいいのか悩んだ。
  • 相手のリアクションが意外に悪かった(男性に多い! \( ‘ω’)/で終わり。照れ隠し?)
  • かなり喜んでくれた(女性に多い!女性は素直なのかな??)
  • 「私も感謝しているよ」と言ってくれた。
  • この宿題を真似しようと思った」と言ってくれた。
  • 連絡して実際に又会うことになった。(そこから又新しい縁が広がるかも?)

こんな感じでした。

どうぞみなさんもやってみてください!


習慣化とは?

さて今回のメインテーマの習慣化ですが、実は習慣とは人間の一日の生活の95%を占めているんです。

 

そしてそれは無意識でやっているんですね。

例えば

朝のルーティーン(起床時間、歯磨き、朝食、着替え、家を出る)や夜のルーティーン(夕食、歯磨き、入浴、睡眠)などはいちいちやろうと思ってやってないですよね?

自然と体が動いてやっていると思います。

 

それがもはや習慣化なんです。

だから自分は習慣化なんて無理・・と思っている人は習慣化は誰にでもできるということを覚えておいてください。

 

そして今回学ぶのは残り5%の意識的に習慣化を学ぶことですが、習慣化には”頑張り”は不要です!

 

それはなぜかということを脳の構造から説明します。

はじめてらす 1期生 本講義 「コミュニケーション講座」

 

 

第一回講義でもありましたが、

脳には

  • 爬虫類脳(生存)
  • 大脳新皮質(成長)

の二つがあります。

 

爬虫類脳は低エネルギーで現状維持を好み、何か変化することを拒む性質があります。

そして習慣は爬虫類脳が司っています。

なぜなら、現状維持(習慣)で生きていくことができるから。

いい習慣も悪い習慣も爬虫類脳には関係ありません。

ただ現状維持をしているだけです。

 

そしてさっき言っていた”頑張る”という行為は変化を起こそうという動きであり大脳新皮質が司っているので習慣化とは関係ないのです。

 

そう、習慣化のコツは「頑張らない仕組みを作ること」がコツなんです。


やりたいことを見つけるワーク

ここでワークが行われました。

題して【やりたいことを見つけるワーク】

 

① 『お葬式ワーク』

あなたは自分の葬式を俯瞰的に眺めています。葬儀場にはたくさんの人があなたと最後の別れを惜しんで訪れてくれています。

その中から3人の人が弔辞とお別れのスピーチを行っています。

そのスピーチの内容を自分で考えてみましょう。

1人目:家族

家族の誰かからの最後のスピーチを考えてみる。

 

2人目:友人

友人からのスピーチを考えてみる。

誰か特定の人を想定して、スピーチの最後に 〇〇より とつけるとより具体的になります。

 

3人目:仕事仲間

あなたはどのような仲間だったのか?

どんな仕事ぶりが評価されていたのか?

スピーチに書き出してみましょう。

 

このスピーチは自分の描く究極の理想の姿です。

3人のそれぞれの立場でどのような理想を持っているのか?

その理想のために今何ができるのかを考えてみるのがこのワークの目的です。

 

②『余命宣告ワーク』

あなたは少し体が不調なので病院に来ています。

すると検査の結果,医者からあなたは余命5年であると告げられてしまいます

自分では体も心もまだまだ元気だと思っていても、現実は後5年しかありません。

そこで、残り5年の人生を考えてみました。

 

残り5年間でやりたいことを何でもいいからずらーーっと書き出してみます。

とにかくこれらをやりきったら死んでもいいと思えるくらいのことを書いてみるのです。

それをひたすら5分間書き出してみます。

 

この”5年”というのがポイントで、1年だと短すぎて10年だと長すぎて実感が湧きにくい。

 

このワークをやってみると、本当にやりたいことが分かる ようになります。

そして前からやりたいと思っていたことでも、実はそれよりももっと大切なことがあることが分かることもあります。

 

③ 『子どもに戻るワーク』

あなたが子どものころを思い返してみましょう。

何にワクワクしていたのか。

何に夢中になっていたのか。

子どものころ集めていたもの、夢中になったこと、楽しかったことをとりあえず書き出してみます。

 

そうすると自然にワクワクした気分になってきませんか?

このワークの目的は自分のワクワクすることや心から楽しめることを再発見することです。

どうしても大人になると、年齢や世間体を気にしてしまって子どものころの気持ちを忘れてやりたいこともやれなくなってしまいますよね。


習慣化の仕方

さていよいよ習慣化の仕方を学んでいきます。

まずはやりたい習慣を一つだけ決めます。

受講生たちは

  • 本を読む
  • 時間管理
  • クラスの子どもとの関わりを思い出す
  • ストレッチ
  • ブログを毎日アップ
  • 毎日目標を書く
  • 机の整理

という習慣化を目標に掲げてこれから励んでいきます。

 

有名な話ですが、人間の意識は

  • 顕在意識(意識的)    3%
  • 潜在意識(無意識的) 97%

であると言われています。

つまり、習慣化を成功させるにはそれをするのが当たり前であるというところまで潜在意識に落とし込むことなんです。

 

習慣の段階グラフ

習慣化の3つのレベル

習慣化への4つのステップ

習慣化への3つのプロセス

「重要期」について


では「毎日本を読む」という習慣を例にとって説明してみます。

無意識では本を読むことも知らない段階で、行動は何も変化はありません。

 

意識の前段階の「知っている」は“本を読むのが大切だな“と思っている程度です。

そしてほとんどの人がこの段階でとどまっています。

 

後段階の意識の「できる」はやろうと思い立って行動を起こせている状態で、気を抜くとすぐにやらなくなってしまいます。

 

一番大切なのが無意識で「やっている」段階では歯磨きと同じように勝手にやることができるようになっています。

 

これが習慣化なのです。

 

 

>習慣化するには3つのレベルを通過しなくてはいけません。

レベル1
行動習慣
期間1か月 勉強、日記、片付け、節約・・
レベル2
身体習慣
3か月
ダイエット、運動、早起き、禁煙・・・
レベル3
思考習慣
期間6か月
論理的思考、発想力、ポジティブ思考・・・

自分のやりたい習慣化はどれくらいかかりそうですか?

長いと感じるかもしれませんが、逆に言えば半年あれば人は大きく変われるということでもあります。

 

 

習慣化しやすい目標を作る4ステップ

step1 本当にしたいことの達成のために大事だと思う習慣を一つ決める

step2 習慣を具体的な毎日の目標にブレークダウンする

step3 その毎日の目標のハードルを1か月毎日続けられそうなものに調整する

step4 毎日できたかどうか明確にわかる目標にする

ちなみに習慣化できない最も大きい理由はstep3です。

人間は何かをやろうとした際に、理想を高く設定しがちなんです。

ジョギングを習慣化にしたくて1日目からいきなり頑張って10㎞走りました。

2日目は筋肉痛で足が痛いので走りませんでした。

3日目は雨が降ったので走りませんでした。

そのまま習慣化は挫折してしまいましたとさ・・

めでたしめでたし

 

ではなくて!

 

とにかく目標を下げてください!

こんな低い目標でいいの?と思うくらいまで下げてください。

エベレストに登る理想があるなら、公園の砂場の山をまたぐくらいでいいんです。

 

習慣化にたどり着くには3つのプロセスを通過しなくてはいけません。

そしてそれのどれもがあなたの習慣化をやめさせようと悪魔の囁きをしてきます。

重要期(1~7日) すぐにやめたくなる

不安定期(8~21日) 予定や人に振り回される

最終マンネリ期 (22~30日)だんだん飽きてくる

 

あなたは悪魔の囁きから耳を背けることができますか?

 

今回は「重要期」についての説明がありました。

【重要期で挫折する原因】

  • すぐにやる気がなくなって三日坊主で終わる
  • 計画に無理があって途中であきらめる
  • 毎日やることがめんどくさくなる

 

いかにもみんな思い当たる原因ばかりですね。

 

重要期の対策として

「だるまさんが転んだ」方式

ゆっくりゆっくり習慣化を行い変化していることを爬虫類脳に気づかれないようにしていきます。

 

目に見える結果を記録する

手帳やカレンダーなどに習慣化を実施したら記録をつけておくと、後から達成感を味わえて継続につながります。

 

「続けること」に集中する

MACの法則というものがあります。

M:どれくらいできているのか

A:毎日できるのか

C:自分の習慣化の目的に合っているのか

この3つを意識しながら続けることに集中してみましょう。


ペアワーク

【本当にやりたいこと?】

自分の習慣化を考えたらペアになり紹介しあいます。

そしてそのペアで相手の習慣化をみんなに説明します。

 

発表のポイントは3つ

①やりたい習慣化

②その目的

③具体的な可視化の方法

 

受講生たちの習慣化はこちら。

  1. 毎日放課後にクラスの生徒たちとの関わりを一人一人思い出す。
  2. 生徒たちのことが知れてコミュニケーションが取りやすくなる。
  3. はじめてらすとは別のLINEグループで報告をしている。気づきや行動をノートに書いてみる

 

  1. ストレッチをする。
  2. 体力がつく。体がひきしまり、心も体も楽になる。>私もできたからあなたもできると言えると誰かの支えになれる。
  3. ストレッチをしたらカレンダーに印をつける。

 

  1. 本を毎日読む。以前読んでいたのだけど読めなかったときに戻ってしまうので習慣化したい。
  2. モチベーションが上がる。周りの眼が気にならなくなる。理想の自分を見つける。同じ思いの同志が集まる学校を作りたい。次世代に貢献したい。
  3. スマホの時間を読書に変える。机に手帳を置いて〇をつける。

※ 人は30秒以上かかることはモチベーションが下がるので手帳を机に置いておくのは手間がかからず続けられるのでとても素晴らしい!

 

  1. 時間管理をしてジュエリーの勉強を習慣化したい。
  2. ジュエリーの勉強をすることで心も時間もゆとりが出て穏やかになれる。自分のやりたいことをできるようになる
  3. 夜寝る前のスマホをテキストを持つ時間に変えて、カレンダーに〇をつける

 

  1. 毎日ブログを書く。
  2. 頭が整理できる。誰かの気づき、元気を与えることができる。自分ができれば、他の人にも教えることができる。想いを発信できる。
  3. 朝起きたらスマホを触って、気になったニュースをラインで共有する

 

  1. 毎日手帳に予定を書く
  2. 時間管理ができて、自分の時間を有効に使える。自分をコントロールすることができる。
  3. 毎日手帳を触れるように、枕元に手帳を開いておく。朝起きてその日に〇をつける

これらの習慣化でできたことを2週間後のはじめてらすの講義までに毎日ラインであげてみんなで応援していきます!

はじめてらすではライングループを作っています。

そしてそこで毎日の習慣化を例外なく報告し合います。

そしてその報告にメンバーがリアクションをして盛り上げていきます。

習慣化は一人で達成するのはとても難しいのですが、仲間がいるとさぼれなく応援してくれていると思えるようになり身についていきます。

 

この仲間の存在ってほんとに大きいんですよ!

そんな仲間が作れるのもはじめてらすのいいところです!

 

次回のはじめてらすは7/15に13:00からごえんの広場で行います。

 

次回は「不安定期」の説明です!

はじめてらす とは?

 


PR

ここで宣伝させてください。

中島悟、小林佑衣

2018年11月23~25日にイギリスのロンドンでおこなわれるハイパージャパン2018に出展予定。若い人たちから、認知がどんどん薄れてきていてる岐阜県美濃焼タイル。それをアクセサリーに変えて歴史と伝統が息づくロンドンで、岐阜県の伝統を世界に拡げたい!”昔と今を、日本と世界を繋げる”プロジェクトです。

 

 

二宮司

夢塾合宿 8期生募集 チャイルドコーチング×行動マネジメント 自分の可能性に気づき、自信をつける一泊二日

詳細はこちら

 

鈴木健美

吃音者が吃音の理解を広めるためにセミナー活動を行っています。吃音のことを知ってもらえれば、吃音者はとても楽になります。

 

第2回 「吃音を知ってもらえたら、僕らはもっと楽しく生きられる

7/15 10:00~12:00 ごえんの広場 はじめてらすの講義の前に行います。


うらてらす

「はじめてらす」の講義の後は恒例の「うらてらす」へ!

今回は全員参加です!

今回のお店は名古屋市桜通線車道駅のすぐそばにある「中国料理 盛隆」。

店内はあまり広くはないのですが、アットホームな感じで大勢のお客さんでにぎわっていました。

 

今回は大人数だったため、テーブルは二つに分かれて座ることになりました。

なので、私の属していないテーブルの話の内容は分かりませんが、きっと熱い話で盛り上がっていたのでしょう。

 

こちらのテーブルでは読んだ本の話題になり「喜多川泰 スタートライン」について盛り上がりました。

https://honwo46.com/スタートライン/

【鈴木健美のブログより】

 

あなたの子どものころの夢は何でしたか?

プロ野球選手?

ケーキ屋さん?

学校の先生?

 

日本人に将来の夢を聞くと、必ず職業名を言いますよね。

「夢=職業」みたいなところがあるから、その職業に就けなかったら人生は終わってしまうくらいの挫折感と絶望感を味わってしまうんですよね。

 

そうではなくて、夢の叶え方は一つではないということなんです。

何になりたいかじゃなくて夢をどうしたいかが重要なんです。

だから「肉をお腹いっぱい食べる」とか「世界一周をする」という夢があっても全然いいと思うんです。

世界一周をしたいからお金を貯めたい。

英語も学んでおきたい。

それなら外国人の集まるバーのバーテンになろう。

っていうのが夢の叶え方なんではないかと。

 

 

後は大体いつも話題に上る男女の考え方の違いについて。

男性は論理的で女性は感情的。

ケンカをしても男性が結論を求めても女性には通用しません。

女性はとにかく話を聞いてほしいのだから、結論云々は二の次なんですね。

なんていうことを男女の立場から言い合うと、お互いのことを理解するようになり相手のことを良く知れるようになりますよ。

 

関連ランキング:中華料理 | 車道駅千種駅今池駅

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

検索

最新記事