ブログ

人間はバランスをとって生きることが大切。生き方や考え方においての思い込みや偏見をなくす

6/10
第二回 はじめてらす 本講義 2回目

今回は二宮司が不在のため、中島悟の特別講座「人間力×価値力」が行われました。

場所は桜通線 車道駅近くの「ごえんの広場」です。

これは0期生の講義でもやっていなかったので聴けてラッキー!

 

【はじめてらすについてはこちらをどうぞ】

はじめてらす とは?

 

まずは前回の講義の内容の復習と振り返り。

前回やった講義の内容はこちらをどうぞ。

はじめてらす 1期生 本講義 「コミュニケーション講座」

 

そしてこの2週間で実践したことをみんなでシェアしました。

ここには載せませんが、LINEグループでメンバーがそれぞれ報告しあっています。

各自の行動や思いに他のメンバーが影響されてまた行動を起こすという熱いことが起こっているのです。

普通のセミナーでは終了後も聴講者が交流することなどないので、このLINEグループの存在はかなり大きいですよ!

それぞれ勇気づけて勇気づけられています。


人間はバランスをとって生きることがとても大切なんです。

 

ここでいうバランスのなさとは、生き方や考え方においての思い込みや偏見、無知などによる偏りです。

それがあると自分の世界が全てだと思いがちになり、他のことに目を向けることが難しくなります。

 

もっとバランスを取れるようになれば、より良い世界や新しい考え方に気がつけるかもしれません。

 

そうすれば人生楽しいですよね?

<ワーク>

  • この人バランスがとれているなと感じる人を一人想像する
  • その人のどんなところがバランスとれているなと感じるか?

出た意見としては

中島悟

  • 物事の本質を選ぶ能力があるので、偏りが少ない。
  • SNSで大勢に発信できるのに、一人一人と向き合うこともできているバランスの良さ。

 

職場の先輩

忙しいことが重なるとイライラしたりして職場の雰囲気が悪くなりがちになる。

しかし職場のある先輩はそのイライラを表に出さずに、普段通りに仕事をこなしている。

みんながイライラして職場の雰囲気が悪くなりがちになるときでも、みんなを必要な方向に引っ張っていってくれて職場のバランスをとってくれる。

 

<目的>

  • その人の要素を取り入れてみる
  • その人だったらどうするだろうかという想像で物事を考えてみる

 


決めつけはNG,決めるのはOK

よくあることですが、

相手の表情から何かを決めつけることは多くないですか?

 

うまくいかなかったらどうしよう?
きらわれたらどうしよう?

特に相手はそう思っていないかもしれないのに、自分で勝手に決めつけて行動を制限してしまう。

そんなマイナスな考えで自分を小さくしないで、言葉に出してみましょう。

言葉に出すと思ったより簡単に伝わることが多いですよね。

 

そして

どんなことを言葉にするかを決めるのは自分自身です。

言葉にするとそれに賛同したり応援してくれる人もいますよね。

 

ここで大事なのは自分の発言には責任をもつことです。

言葉に出したからには応援してくれる人に対しての責任を持つことを忘れないでください。

<ワーク>

  • やりたいことを逆算して実際に計画を立ててみましょう。

〇〇したいと思っているだけでは絶対に実行しません。

 

例えば、もっとお金が欲しいと思っている人。

具体的に「月にいくら収入がほしいのか?」を考えてみます。

そして自分の理想の労働時間を考えてみます。

 

そして

理想の金額÷日数÷時間=時給 の数式に当てはめます。

 

例として

  • 理想の月収:月300,000円
  • 月の労働時間:3日
  • 労働時間:4時間

を目標とするなら時給は25,000円となります。

そうすると1時間で25,000円を稼ぐにはどうすればいいかと計画を立てやすくなります。

最初に目標が分かるとそれに対しての行動を起こしやすくなります。

<ワーク>

  • 最高の一日を計画してみよう!
  • 一日中のんびり?少し仕事?(具体的に 時間、未来のことなど)

ここは各自の趣味で一日を費やしたりするのが多かったです。

みんな自分の好きなことを発表するのはとても楽しそうで、自分もその場にいるような気になっちゃいました。

最高の一日最高!

<目的>

  • その理想に近づけるにはどうすればいいか?
  • 現在の生活習慣を考えてみる

 


自分の行動次第

環境がとても大切というお話です。

一般的に自分の周りにいる10人の平均が自分であると言われているそうです。

そこで今の自分がどのような人に囲まれているか?と考えてみましょう。

ネガティブなことばかり言っている人に囲まれていませんか?

それならあなたもネガティブなことばかり言う人だということになりますよ?

そんな環境を変える方法の一つとして口癖に気を付けることを意識してみましょう。

自分では気づかない口癖が周囲の環境をポジティブにもネガティブにも変えてしまいます。

言葉は言霊と言う言葉もあるように、周囲への影響がとても大きいんです。

<ワーク>

  • 自分の直したい口癖を書き出す
  • 誰かに聞いてみる
  • その口癖が直ったらどんなことが起こるかを考えてみる

出た意見としては、

「ありがとう「」の場面でも「すいません」と言ってしまう。

  • 相手が悪いことをしたような気にさせてしまう。
  • 相手の気分を害してしまいがちになる。

 

口癖を直すと・・・

  • 相手がいい気分になる。
  • 自分に自信がつく。
  • 自分の意見を大切にでき、相手も肯定できる

 

難しいとよく言ってしまう。

  • 実際はそんなことなくても、思い込みや決めつけで事態を悪くしてしまう。

 

口癖を直すと・・・

「奥深い」と言い換えることで、ポジティブな方向に持っていくことができる。

 

「でも」「だって」などの否定の決めつけの言葉をつい言ってしまう。

  • 相手は自分の意見を否定された気がして会話が止まってしまう。
  • 気分を害する。

 

口癖を直すと・・・

  • 相手との会話がスムーズになる.。
  • 良好な関係を築ける。

 

「やばい」とつい何に対してもいってしまう。

  • きれいな言葉ではない。
  • ポジティブにもネガティブにも使えるので相手が悪く捉えてしまうことがある。

 

口癖を直すと・・・

  • 言葉がきれいになる。
  • ボキャブラリーが増える。

 

ちなみにここで出た言い換えの言葉は「いとおかし」!

これから流行るかもしれませんね!♪

やはり悪い言葉は負の影響を与えやすく、相手との関係を悪くするんですね~~

 

ただし・・・

「すいません」は日本人特有の相手との関係を良好に築く言葉でもあるので、そこはケースバイケースである。

口癖を意識しすぎると、本人の個性も消えてしまうのでそこは注意する。


プライドは無くす,芯は持つ

理想の状態(芯)がゴールだとします。

そのゴールにたどり着く過程の状態がプライドです。

そして、ゴールにたどり着けるアドバイスを受け入れる素直さがプライドの無い状態です。

 

みんな最初は訳も分からないし素直にアドバイスを聞いて受け入れるんですよね。

でも、分かりだしてくると”我”を持つようになり、効果的なアドバイスでもプライドが邪魔をして受け入れなくなってくるんですよね。

そうすると、失敗したりゴールへのスピードが遅くなったりしてしまいます。

 

だからゴールに近づけない。

 

アドバイスを素直に受け入れるプライドのない状態だと、自分の思っていなかった新しいいい方法が見つかるかも?!

結局は素直な人が成功するんですよね~~

 

「受け入れることが大事、自分の器を空にする」

自分の我やプライドの入った器を一回空にして、相手の言ったことを入れてみましょう。

自分とは異なった意見でも、相手をとりあえず信じてみよう。

相手の言ったことを笑顔で聞いてみよう。

 

“その人が言うなら”

 

そうすると受け入れる新しい器ができます。


ご縁とご円

<ワーク>

  • 自分の名前を書く
  • 今近くにいる人やお世話になった人の名前を書く
  • どのようにつながったか線を引いてみる

そうするとこのような感じになります。

このワークをやると良く分かるのですが、直近の人との関係や出会いはよく覚えていても、その人を紹介して繋げてくれた”枝元”の人を忘れがちになっています。

そういう人は最近会っていないことが多くどうしても身近な人に感謝をする傾向にあるのですが、その前にいる人のことを忘れてはいけません。

 

その人がいたから今の自分がある。

 

そう思うと人に感謝でき、人間関係も良くなります。

 

そして”縁”がつながると”円も増えていく

ご縁をつなげてくれた人の方が、ご円を広げてくれるのです。(仕事、人間関係など)

そんな感謝の心を思い出すための宿題

このワークで名前が出てきた人に連絡する

「ご縁をつないでくれてありがとう」
「最近どうかな?元気?」

など感謝の気持ちを伝えてみます。

果たして次回までにどんな変化があるでしょうか??

楽しみです♪


たけみてらす

「はじめてらす」に名を借りた「たけみてらす」の紹介をさせてください。

以前1回行い、ありがたいことに第2回があるなら協力したいと申し出てくれた人もいて第2回を開催することにしました。

 

内容は

「吃音を知ってもらえたら、僕らはもっと楽しく生きられる」

生まれながらの吃音者が吃音に対する啓発のセミナーを行います。

そもそも”吃音”って何?って思われた方はぜひ参加してみてください。

 

イベントのfacebookページはこちらからどうぞ

そして「たけみてらす」の後には本家「はじめてらす」の講義が続けて行われます。

聴講生として6000円で講義が聞けるところを、「たけみてらす」のセミナー参加者は1000円OFFの5000円で聞けちゃいます!

 

どうぞ どちらも参加をお願いします。


うらてらす

いつもは居酒屋でお酒を飲みながら行う”うらてらす”ですが、今回は趣向を変えてカフェで行われました。

場所は名古屋市千種駅のすぐそばにある「自然の薬箱」です。

関連ランキング:カフェ | 千種駅今池駅車道駅

今回は二宮司が不在だったため、いつもとは違った何となくしっぽりした雰囲気で行われました。

でも、話す内容は講義と同じくらい、いやそれ以上かもしれない(酒もないのに)熱いトークが行われました。

【参加者の感想】

  • 何かを指摘されると素直に受け入れられないというのが、言われてハッとした。
  • 「プライドの無い」という話が腑に落ちた。
  • 「理想の一日」のワークがとても面白かった。いつか叶えたい。
  • 「理想の一日」を叶えたくない理由について考えてみたい。
  • 縁を繋いでくれた人に改めて感謝したいと思った。
  • 今の自分に必要な講義を聞けた。
  • 自分の口癖が自分に制限をかけていることに気がついた。
  • みんなの意見を聞いてみることが大切だと思った。
  • 今日の講義を日常生活に活かして生きたい。
  • 自分の日常生活ととてもつながっていていたように感じた。
  • 口癖を直していきたい。
  • 自分に自信がつけば魅ko力的になれると思った。

【中島悟への質問】

Q.  つい人と比べて上に立とうとしてしまうのをどうすればいいのか分からない。

 

A.  逆にその人のいいところを探して、手本にしようとする。

A. 自分の得意な分野を見つけて、そこを伸ばすようにする。(同じ土俵にいると思わない)

質問者の受講生は、答えを聞いて感動して泣いてしまいました😢

こんな風に悪いことを企む”ワル島”悟がいるかと思えば、真摯に悩みに向き合って感動で涙させる”泣かせま”悟もいるのです。

 

“ワル島”悟はこんな感じ!

 

他にも”もてるようになりたい”という受講生は「人は見た目が10割!まずは見た目から変えていく!」という名言を残し、帽子からズボンまで一式新しいものを購入してきました。

彼は見た目から自信をつけていき、と同時に口癖も変えていきたいと日々がんばっています。

ちなみにLINEグループで一番熱い思いをぶつけてくるのは彼です。

もちろん、全員で応援してますよ!!

 

次回のはじめてらすの講義は 7/1 13:00 から 「ごえんの広場」で行います。

二宮司が一番熱弁をふるう「習慣力」の講義です!

興味がある方はぜひ聴講生として聴いてみてください。

はじめてらす とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

検索

最新記事